日本語 English


スポット名:北沢選鉱場跡
  (きたざわせんこうじょうあと)
場所:北沢町 [地図で確認]
音声ガイド[聞く]

解説

明治時代に入ると、政府の方針で佐渡鉱山の生産力を上げるために、北沢地区に一大工場群が建設されました。精錬のための工場や火力発電所、工場で使う機械の部品を製造、修理するための工場などを集中して配置していました。この工場群は時代によって変遷していますが、最後に建てられたのが浮遊選鉱場です。昭和15年に完成し、月間7万トンもの鉱石を処理できる大工場でした。
低品位の鉱石やくり返し金銀成分を取り出す作業、また海岸沿いにも浜石と呼ばれる金銀を含んだ石が大量にあったため、浜石処理を処理をするために建設されました。

この工場の稼働により、金の産出が明治後期以来の最高を記録しました。戦前という時代背景もあり、東洋一と絶賛されましたが、昭和27年、鉱山大縮小に伴い閉鎖されました。