日本語 English


スポット名:西坂
  (にしざか)
市指定史跡
場所:長坂町 [地図で確認]
音声ガイド[聞く]

解説

享保4年(1719)に奉行所の腰を回るように開かれた坂で、それまで急勾配だった長坂に対して、緩やかであり、下町と上町を結ぶ坂道として利用者が多かったそうです。今でも散策道として人気があり、坂の中腹からは町が見渡せる景色のよい場所があります。

坂の上り口で、西坂と長坂の分岐点には江戸時代に牢屋がありました。小川が流れ石橋が掛かっていますが、 牢屋内では処刑が一般的だったので、処刑人の冥福を祈って通行人が手を合せたことから合掌橋と呼ばれていました。