日本語 English


スポット名:佐渡版画村美術館
  (さどはんがむらびじゅつかん)
市指定史跡
場所:米屋町 [地図で確認]
音声ガイド[聞く]

解説

現在、佐渡版画村美術館の施設として利用されているこの建物は、旧相川裁判所を利用したものであり、明治21年の建物です。内部は使いやすいように一部改装されていますが、内部・外観ともに明治時代の雰囲気をとどめています。

昭和44年、裁判事務が佐和田町に移管するまで裁判所として使われていました。 裁判所を囲む赤い煉瓦の塀は、フランス式耐火煉瓦で、相川で製造されて鉱山施設や建物など様々に使用されたものです。屋根の赤い瓦も同じく相川で製造されたもので、伊藤赤水ら、今の無名異焼作家に続く窯元が製造していました。佐渡の版画は、高校教師で画家の、高橋信一を講師にした版画講習会を受けた人達を中心に熱心な活動が行われていました。島内各地にあった版画愛好グループの参加者が熱望し、昭和57年に常設展示する美術館を設立しました。